エイズウイルスに感染すると

エイズの怖い合併症について

エイズという病気は、エイズウィルスに感染することによって、免疫細胞や機能を壊されてしまう病気です。エイズになってしまうと病気の抵抗力がなくなりますので、普通の人が免疫機能で治る病気でも完治しにくくなってします。エイズの場合、合併症になることが怖いことでもあります。エイズ発症の特徴的症状として23の疾患があります。活動性結核やニューモシスチス・カリニ肺炎、サルモネラ菌血症、トキソプラズマ脳症、クリプトスポリジウム症、単純ヘルペスウイルス感染症、サイトメガロウイルス感染症などがあります。エイズの合併症が重なって行くこともありますので、複雑な治療を行なう場合もあります。悪性の腫瘍を発病すると、助からないことがあると聞いています。エイズを完治させる薬は研究中ですが、現在の所完治する薬はありません。エイズウイルスに感染しているかどうかは、エイズ検査を受けるしかないです。昔とは違い、エイズ検査がたいへん身近なものになりました。


性病の感染拡大と検査